社団法人日本演劇興行協会
業務及び財務に関する資料の公開 特別会員 賛助会員 加盟劇場 法人会員 個人会員 協会の設立 調査事業 脚本募集 海外研修 助成金の交付 トップへもどる 当協会の概要 ごあいさつ
名称 公益社団法人 日本演劇興行協会
事務局 東京都中央区銀座1丁目27番8号セントラルビル
03-3561-3977
役員
(五十音順)
会長  
大谷 信義   松竹株式会社 代表取締役会長
理事    

芦塚日出美
安孫子 正
池田 篤郎
糟谷 治男
川瀬 昌弘
白井 文吾
成毛 由和
長谷川栄胤
松岡  功
三田 芳裕
森本 哲夫
渡邊 守章

 

株式会社博多座 代表取締役社長
松竹株式会社 取締役副社長
東宝株式会社 取締役
公益財団法人都民劇場 理事長
株式会社新歌舞伎座 代表取締役社長
株式会社中日新聞社 代表取締役会長
弁護士
株式会社御園座 代表取締役社長
東宝株式会社 名誉会長
株式会社明治座 代表取締役社長
一般財団法人放送セキュリティセンター
京都造形芸術大学教授

監事    

迫本 栄二
安藤 知史

 

公認会計士
弁護士

目的 演劇の普及を図るとともに、演劇に関する助成を行うことなどにより、演劇の健全な発展を図り、もって我が国の文化向上に寄与することを目的とする。
事業 1.助成事業
1 団体および個人への助成
演劇製作、興行の向上発展に寄与する、または寄与したと認められる団体、および個人に対して助成する。

2 海外研修への助成
演劇業界に携わる人たちの海外研修に対して助成する。

3 新人脚本家育成への助成
優秀な脚本は演劇の礎であることを認識し、隔年に全国にわたって脚本を募集して、優秀な脚本を創作した新人作家に対して助成し、演劇創造の充実を図る。

2.調査研究事業
国内外の演劇劇場の興行の実態および観客の志向調査などを行う。

3.普及事業
多くの市民に、良質な舞台芸術を低廉な料金で鑑賞する機会を提供し、観客の裾野を拡げ演劇文化の振興に役立てようとの主旨で、本協会と東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団、公益財団法人都民劇場、独立行政法人日本芸術文化振興会、大阪府、公益財団名古屋市文化振興財団、公益財団法人福岡市文化芸術振興財団と共催で「半額観劇会」を実施している。

4.会報及び演劇に関する出版物の刊行
年2回会報の刊行、第51号まで既刊。

設立 昭和45年2月1日
任意団体日本演劇興行協会として発足。
会長/松尾國三、副会長/菊田一夫、三田政吉、永山武臣。
加盟16劇場。
  昭和63年9月9日
社団法人日本演劇興行協会となる。
会長/永山武臣、常務理事/横山清二、酒井肇、堀内森夫。
加盟17劇場。
 
 
(C) 公益社団法人日本演劇興行協会
このページの先頭へもどる トップページへもどる